読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早稲田大学中夜祭2015ブログ

早稲田祭大隈講堂前ステージで開催される中夜祭2015の実行委員会によるブログです。

総統閣下が落ち着いたようです。

先日、私たちは一つの動画を公開しました。

 
 
 
こちらの動画について賛否両論がありましたが、数多くの方に見ていただくことができました。まずは感謝申し上げます。
様々な意見があったため、この場でご紹介します。
 
まずは、純粋に動画を面白いと感じていただけた意見から。
 
 
しかし、批判や反対意見も少なくはありませんでした。
 
 
一方で「動画が自分の考えを代弁している」という感想も散見されました。
 
 
中立的で冷静なご意見があったのは意外でした。暖かいお言葉をありがとうございます。
 
それにしても、東京花火さんと踊り侍さんの見分けがつかない人もいるもんだ。
 
 
そして見分け方のマジレス。
 
 
また、中にはモチベーションとして昇華してくださった団体も。
 
 
さて、様々な意見を見てきましたが、
私たちは動画の最後にこんな字幕を入れました。
 
 

f:id:chuyasai2015:20151027200736p:plain

 

f:id:chuyasai2015:20151027200820p:plain

 
表現が乱暴になってしまいましたが、私たちが一番伝えたいことは、このセリフに集約されています。
 

上記のコメントにもあった通り、運スタさんが会議を重ね、悩んだ上で抽選という方式を採ったことは重々承知しています。

しかし抽選によって、今まで隈前を隈前たらしめていた「名物」サークルが突如ステージから消えてしまったことに、寂しさと違和感を覚えたのも事実です。

隈前のために後輩が奮闘する姿を見ていたこと、そして自分たち自身が昨年までまさに奮闘する立場だったということもあり、今回は一石を投じるつもりで動画を作成しました。

ただ、隈前のために同じく努力を費やしてきた運スタさんをはじめ、今回初めて隈前に挑む現役の方々を結果的に傷つけることとなってしまいました。 配慮の足りなかった私たちの落ち度であります。 不快感を持った方にはお詫び申し上げます。

 

この動画は断じて、今年の出演団体や運営スタッフを揶揄することを目的として作成したわけではございません。むしろ、多くの応募のなかから抽選によって隈前を獲得した団体に「落ちた団体の想いも汲むべきだ」というメッセージを伝えることをテーマに編集しました。

 

今回、隈前に立てずに悔しい思いをしている団体がいくつもあります。だからこそ、隈前の参加団体は、彼らの分まで自分たちの存在を轟かすしかないのです。我々中夜祭実行委員会を含め、隈前が決まった団体は、練習や会議、そして本番に全ての力を注がねばならないということを、動画、そして動画に対するコメントから汲み取っていただければ幸いです。

 

私たちは、今回運良く「大隈講堂前ステージ」という夢のスペースで企画を行うチャンスを手にしました。惜しくも抽選に外れてしまった現役の他団体を考えると、まさに「全力を尽くさねば」という気持ちしかありません。私たちをサポートしてくださる運スタさんの恩に報いるためにも、企画は必ず成功させます。

 

今後も中夜祭実行委員会は早稲田祭を盛り上げるべく、当日まで様々な活動を行ってまいります。よろしくお願いします。

 

 

※この動画投稿は中夜祭実行委員会が行ったことです。くれぐれもメンバーの元所属先や、中夜祭の担当者となっている運スタさんや放研さん所属の方、そして中夜祭への出演をご快諾いただいた団体さんにも悪い印象を持たないよう、お願いいたします。